■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#82 新入社員教育プログラム 礼儀の体現に向けて①

新入社員教育プログラムの3本目の柱。
人としての基本。

新入社員教育における「各論」となる教育プログラム。

前回の記事までは新入社員に「体感」していただくこと、そして新入社員に変革を促すべき各種の「意識」についてのお話しをしてまいりました。

本日の記事は、新入社員・社会人・企業人としてはもちろんのこと、人としての基本である「礼儀」についてのお話しです。

 

 

新入社員教育プログラム。
「礼儀」の必要性と重要性。

それでは、これまでと同様に今回の記事でご紹介する礼儀のパートの概要からご説明いたします。

1本目の柱としてご紹介した体感と同様に訓練(トレーニング)を行い、その状態を審査体得ができたかの判断を行うという流れです。

なぜ礼儀を体得する過程において訓練(トレーニング)が必要か・・。

その理由はただ一つ。

アタマで分かっている・理解しているだけでは体現できないからです。

体現とは文字通り現すこと。

お客さまに対して示す礼儀、上司・先輩に対する礼儀、同僚や部下・後輩、ご家族・ご友人・交際相手に示す礼儀体現しないかぎり伝わりません。

どういうことか・・

 

 

店員
さっせん・・

 

 

ドットコム
こんな姿勢・声の大きさ・言葉づかいで・・

 

 

 

 

野球少年
申し訳ございません(棒)

 

 

ドットコム
こんな態度や言い方で・・

 

 

 

 

旦那さん
いつもありがとう!

 

旦那さん
本当にご苦労さま!

 

旦那さん
助かってる・・ 感謝してる・・

 

 

ドットコム
こんなことで・・

 

 

お客様

 

 

ガラスを割られたおじいさん

 

家事をがんばってくれる奥さん

 

ドットコム
相手にその気持ちは伝わりますか?

 

ドットコム
相手に何が伝わりますか?

 

これが「礼儀の体現」が必要不可欠かつ重要となる理由。

ドットコム
カタチ」を間違えては伝わらない。誤解を招くことだってある。

 

ドットコム
思っているだけでは「一生」伝わらない。

 

内定者研修で理解を促すのみならず、新入社員教育プログラムのなかにおいての論理立てた説明はもちろん、訓練(トレーニング)・審査といった工程を経て体得を促すべく相応の時間をかける大きな理由です。

会社・日常生活。

社会人としてはもちろんのこと、ひとりの人間としてこれを体得しているか否かでその後の人生が大きく変わってきます。

 

アタマ
クレームをいただいたら然るべき対応をする!

 

アタマ
お客様の話はしっかり聞こう!

 

アタマ
悪いことに対してはきちんと謝罪しよう!

 

アタマ
ありがたいことに対してはお礼を言おう!

 

アクマ
いただきます・ごちそうさまは言ったほうがいいよな。

 

こういうことは皆さんアタマでは分かっています。

新入社員教育プログラム。
「礼儀」を体現するために必須となる「カタチ」。

新入社員教育プログラムにおいて礼儀の体得を促す過程においてはしかるべき「カタチ」が必要不可欠となります。

上述のとおり、みなアタマでは分かっている。だけどできない・・。

なぜならば、訓練(トレーニング)を受けていないからです。

訓練が必要なその理由について。

 

ドットコム
「礼儀の体現」には「正しいカタチ」が不可欠だからです。

 

理論やカタチだけでは成長は実現できない。

これまで何度も使ってきたフレーズですが、礼儀を体現するのにはしっかりとした「カタチ」=「〇〇」は不可欠です。

こうした「カタチ」のことを漢字二文字で何といいますでしょうか。

 

 

 

 

 

茶華道や参拝の際の一連の動きやしかるべき「カタチ」、葬儀においてはお焼香のしかたなどと同様に、ビジネスにおいても体得しておかなくてはならない一定の「カタチ」というものがある。

 

 

人に対しての頭の下げ方。

 

日常の食事はもちろん、会食の際などで体現するべきこと。

それは・・

 

ドットコム
作法!

 

礼儀には「作法」があります。

新入社員
ご来店誠にありがとうございます!

 

新入社員
お気をつけてお帰りくださいませ!

 

新入社員
部長、今回の件は本当に申し訳ございません。

 

本当にこのように思っていたとしても、礼儀作法体現できなければお客さまにも部長にもその気持ちは伝わりません。

結局損をするのは誰なのか・・。

 

新入社員
クチャクチャ×4。ポロ×2。

 

新入社員
GAHAHAHAHA・・

 

食事の際の作法がこんな状態では本人はもちろん、会社も恥をかくことになる。

 

揃えられないクツ。新入社員としてはもちろん、これを放置・黙認すると将来的にどうなるか・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寛容かつ受容の気持ちをもちつつ、一方では鋭い目をもって新入社員の一挙手一投足までにも目を光らせつつ、こうしたことを新入社員教育プログラムの初期段階から、すべての過程を通じて妥協なく指導することが必要になってきます。

一切の妥協をしてはいけません。

新入社員の早期戦力化と長期の定着を図るべく新入社員教育プログラム。

お客さま、上司・先輩との関係性構築。

プライベートにおける人間関係の構築。

ビジネスの世界はもちろん、社会生活を営むなかにおいては非常に重要となる礼儀。

体現するべき礼儀作法。

御社ではいかがでしょうか。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

ドットコム
本日もありがとうございました。引き続き次号も宜しくお願い致します。

 

ドットコム
メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願い致します。 

 

超オススメです!

各企業のご担当者さまにおかれましても、のぶきさんのトークにご興味ある場合はお取り次ぎすることも可能ですので適宜お問い合わせいただけましたらと存じます。


 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。