■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#4 新入社員(新人)教育の不備 「その弊害」


おはようございます。新入社員教育.comです。本日も当ブログにお越しいただき誠に有難うございます。

ドットコム
企業における新入社員の方々をはじめとした従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

 

をモットーに、本日も新入社員教育に携わる方々にとって価値ある内容の提供をするべく頑張って参ります。

本日もどうぞ宜しくお願いいたします。

さっそく本日の本題、

(1)~(10)の悪いスパイラルに陥るとどうなるのか・・というお話しから参ります。

あくまでもこれまでの経験や見てきたことからですが、お目通しいただければと思います。

■悪いスパイラル

(1) 新人には「ぶつかって当然」の困難や障害(本筋)とは異なるストレスが生じる。

(2) 本筋とは違う理由で悩む

(3) 本筋とは違うから解決方法が見つからない

(4)(人によっては)精神を病んでしまう

(5) 休職・退職してしまう(最悪な事態になりうることも・・)

(6) 人員の補充が必要になる

(7) 費用がかかる(採用費だけでなく、休職中の面談などに費やす時間分の人件費等も)

(8) 教育担当者・採用担当者にも負担がかかる(業務効率・生産性が低下する)

(9) 教育担当者・採用担当者のモチベーションにも影響が生じる

(10 )新人が入社する

(1) ・・・・

(2) ・・・・

■悪い評判がたつ

=退職者は外で何を言っているか分からないし、退職後において自社の顧客とは絶対になり得ません。

=のちの広告宣伝・マーケティング費用の一部は実は無駄なものに・・

SNS全盛の現代においての風評被害は非常に大きいです。悪評で済めばまだ挽回できるケースもありますが、致命的となったケースも多数報道されています。

実話なのですが、私の妻はかつてパートタイマーとして働いていたフレンチレストランでオーナーシェフから

「嫌な扱い」

をされたことを理由に短期間で退職しました。

在職中はよく愚痴を聞かされていましたが、それにとどまらずご近所中にふれ回っておりました・・

ドットコム
やめろ・・。

と言っているのに・・
退職後はさらに「ターボ」がかかって、

コム嫁
ひどいよあのお店 

と・・。

技術力も高く、商品である料理は綺麗でおいしいのに・・
当然ですが、そういうことではないようです。

さらに難しいのが、

「嫌な扱い」

というのも、

コム嫁
エアコンの温度設定が高すぎー 
鬼嫁
指示出しの際の言い方 
コム嫁
出勤希望表の受け取り方
コム嫁
退勤時に「お疲れ様でした」なし 

など、第三者的にはそこまで重大なことではないようなこと。


これは今後の「各論」の一つとしてどこかで触れることになりますが、オーナーシェフは、

「経営者」

ですから、

「最優先させること」

がそもそもパートタイマーの方とは違いますし、温度の感じ方はもちろん、その言い方に対しての感じ方や捉え方も、生まれ育った環境も身を置いてきた職場環境が違うのだから、

そもそも合うわけがない・・。

ではそのちょっとした

「ボタンのかけ違い」

は何なのか・・。

これが新入社員教育を成功させるうえでも絶対に必要になるワケですから、
今後のお話しのなかで徐々にお伝えすることになります。

話しは変わりますが、

アルバイト
すいません。土日祝日は出勤できなくなって。
店長
面接のときは出勤できると言ってたのに・・
アルバイト
全然シフトに入れない・・

アルバイト
シフトに入れてもらえず稼げないので辞めようかと思ってます
店長
面接のときに多くとも3日と伝えてるんだけど・・

 

などのケースで退職に至る事例もあったのですが、 

意思を固めてしまった以上はどうしようもないのですから、
相手方に非があったとしてもそれはさておいて、

「円満退社」

にもっていくべく頭も下げましたし謝罪もしました。
なぜならば・・ 

「将来の顧客」

になってもらいたいからです。

そこで正論を言って相手を言い負かして謝罪をさせ、得意顔になっても売上向上にはつながりませんし、

店長
辞めちまえ!二度とくるな!

などは論外ですよね。
(恥ずかしながら10年くらい前はよく言っていました)

ですので、

ドットコム
なんかいろいろと申し訳なかったですね
ドットコム
状況が変わったらいつでも戻ってきてくださいね
ドットコム
在職中の協力と貢献に感謝です

※上ふたつは微塵も思っていません

という感じですが、感情的に本音を伝えた場合とでは相手のとらえ方が大きく変わることはご実感いただけると思います。

長くなりましたが、そうなると当然、

■業績に影響が出る

=すぐに出ないがゆえに気づかないから、なおさらコワイ

=求人広告は積極的に入れるもなかなか集まらない
などもこれに入りますね

■企業の存続すら危ぶまれる

(主な理由でないとは思いますが、例のフレンチレストランもうありません・・)

当ブログがなぜ、

「新入社員のみに」

的をしぼるのか。

【前号】も含めた一つ目の理由を記させていただくと、

「業績向上」

「企業存続」

のためには中長期的な

「育成体制の構築」

が絶対に必要であり、それを構築していくためにはこれからの

「新入社員教育」

をしっかりやることが不可欠だということになります。

最後に質問です。

Q)御社様の教育ご担当者様は、

「正論を伝える」

「教育する」

「習得させる」

ドットコム
・・は当然として、もっと先のことを見据えたうえでプログラムを組まれていますか?
ドットコム
御社様の各拠点の方々は「円満退社」を常に念頭に従業員の方と接していらっしゃいますか?

 

以降については【次号】でお話しさせていただきます。

ドットコム
本日もありがとうございました。【第5号】も宜しくお願いいたします。 

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。