「就職活動」略して「就活」。あなたはどのような基準で企業選びを行っていますか?

前回の記事までは就職活動に臨む方々にとって必須と考える心構えについて、そしてそもそも就活とは何なのかということについてお話しをさせていただきました。

今回の記事からは選考・入社と企業選びをするうえで非常に重要と考えることについてお話しをして参ります。

就職活動は「スポーツ&勝負」というお話しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「就職活動」略して「就活」。企業選びの前段階で絶対に認識しておくべきこと。

エントリーシートの作成、企業説明会への参加検討。後述しますが、この段階での正しい企業選びは無理です。

ですからこの段階では企業や職種に対してのご自身の率直な希望や憧れといった視点ありきで当然良いのですが、以前の記事に記したとおり、未知なる可能性を秘めたあなたがここで特定の業種・職種にしぼってしまうのはもったいないです。

「捨て駒」を使うことによる実力の向上と「本命」での合格可能性の向上、そして「捨て駒」を通じての視野の広がり、予期せぬ出会い等、とにかく色々な企業と接点を持つことが重要です。

「就職活動」略して「就活」。企業選びの段階で絶対に間違ってはならないこと。

上記、企業説明会への参加検討については「大本命」「本命」「対抗」「踏み台」「練習台」とご自身の基準で優先順位をつけ、それをもとにしたスケジュール立てが必要です。

臆することなくどんどん練習を積むべきなのですが、そこで必要となる明確な企業選びの基準。

ここからが本日の本題です。

企業選びで大切なこと=就活生であるご自身の立場をわきまえる

立場をわきまえる??疑問を感じられる就活生の方もいらっしゃると思いますが、そういう意味ではありません。

少子高齢化、若年労働者の減少、有効求人倍率の上昇、競争の激化などなど・・・。

企業も喉から手が出るほど若い労働力がほしいのです。

ゆえに、

就活生<企業

こんなことは絶対になく、

 

 

就活生=企業

があるべきというか、これが当たり前。
私も何度も面接を担当させていただきましたが、基本スタンスはこれ
あくまでも就活生と対等という考えです。

 


「自分<企業・・」

と就職活動に臨むあなた自身を変にへりくだりすぎることが、

あなた
緊張・・

 

就活生
不安・・

 

といったネガティブ思考の最大の要因なのではないでしょうか。

企業選びで大切なこと=就活生であるご自身のフィーリングが最大の判断基準

フィーリングとはあなた独自の感性・こだわり・譲れないこと・大事にしていること。これは妥協しないほうが絶対にいいです。

どのようなことかというと、このようなこと。

①電話対応

いうまでもなく、かけた際・かかってきた際の印象は非常に重要です。

なぜならば、何気ないその対応に日頃の業務姿勢や心がけが無意識に出るからです。

後述しますが、説明会の場だけ取り繕うのは就職活動中の学生の方々が目の前にいるためけっこうカンタンです。

私が特に意識すべきと思うのは電話を切るタイミング。

「ガチャ切り」は論外としても、こちらが切るよりかなり早く切ったかどうかも見ておく必要があります。

 

②説明会

言葉では非常に言い表しづらいのですが、応対の状況や説明会での話し方、目力から垣間見えるその方の情熱とでもいうのでしょうか。

説明者自身のパーツが終わった際のちょっとした所作、後方で待機しているときの態度や姿勢なども要確認です。

「指南書」のどこかでも触れているのですが、あなたはどちらに好印象を受けますか?

①流暢であるも一生懸命さが感じられない。

②たどたどしく汗だくでも熱意が感じられる。

 

 

あなたにとっての就職活動は企業にとっての採用活動。

 

 

 

あなたは親御さまにとってはかけがえのない存在。

親御さまの並々ならぬ苦労のもとで今がある。

採用活動を通じて獲得する人材は共に会社を大きくしていく、良くしていくためのパートナー。

そうした人を採ろう・預かろうというのに熱意が感じられないのは「アウト」です。

 

 

 

品定め風情でエラそうなのも「アウト」

また、わが社もそうなのですが、先輩社員がお手伝いに・・などというシーンもよくありますよね。

これも企業選びをするうえでの判断基準の一つになると思いますが、企業が連れてくるのはこの段階で高評価のいわば選りすぐりの人材。

その陰には思わしくない方も当然いらっしゃるワケですから、全員がこの姿で日常を過ごしているとは考えないほうがよろしいかと思います。

当然我が社もそうなのですが、ホームページにネガティブなことを書く企業はほとんどありませんよね。

よくないものはオモテには出しません。

出すワケがありません。

ここに次回6/10公開記事でお話しする「質問」のキモがあります。

だからこそ後述の③も含めた、直接の接点での印象・直感が重要になるのです。

 

③面接

ここはいちばん分かりやすいかもしれません。

絶対に失敗はできない就職活動中のあなたにとっては「採用」か「お祈り」の瀬戸際ですから縮こまってしまうのも分かります。

しかし冷静に考えてください。

 

◆態度・表情・物言いが横柄
(上から・エラそう)

◆一生懸命伝えていることを遮る・聞いていない

ここであなたに対してこういうコトを平気でやる人が面接官として来るような会社。

これを有名だから、大手だから、第一志望だからと受け入れちゃいますか?

ということ。

外部の人にこういう態度をとる人って内部の人にはどうなのだろう?

あなた
それって「人として」どうなの?

 

あなた
なんかエラそう・・、見下されているような・・

 

あなた
聞いてないですよね・・、なんで遮るの?

 

あなた
バカにされているような・・、圧迫?

 

こうした直感的に感じる違和感があった場合は気をつけた方がいいです。

なぜならば・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの脳がその危険性(企業選びを間違えている可能性)を無意識かつ一瞬で判断しているから!

「こんな企業は願い下げ!」くらいの気持ちが必要です。

どのような理念・規模・職種・業種であろうとも、直感的に感じた

あなた
大事にしてくれなそう・・

 

あなた
言っていることと違うのでは・・

 

という違和感は絶対に頭の片隅に入れておくべきです。

企業
使い捨て

 

企業
代わりはいくらでも・・

 

企業
辞めたきゃ辞めれば・・

 

企業
背中を見て覚えろ・・

 

各種報道を見ていれば分かりますし、アルバイトの経験などから実感されている方もいらっしゃると思いますが、残念ながらそういう企業はたくさんありますし、体質が古く育成体系が整っていない企業もたくさんあります。

あなた
よくもまあ、こんな会社に・・

 

アルバイト先の若手社員を見てて思ったことはありませんか?
では、その方はどうしてその会社に入ったのでしょうか。

ですから、あなたの企業選びのなかで違和感を感じた際は慎重かつ冷静な判断が必要になってくるのです。

この直感を大事にしてください。

 

 

 

 

 

企業担当者
大切に育てますよ

 

企業担当者
厳しくも親身に指導しますよ

 

その直感でこうした姿勢を感じられる企業を選んだほうが絶対によいです。

とはいえ、成長性や収益体制が脆弱では困りますよね。だからこその企業研究なのではないでしょうか。

いまの時代はインターネットでカンタンに情報が取れますから、ここもしっかりと時間をかけて努力をし、調べられるものは何でも調べるべきです。

いかがでしょうか。

規模が大きく、有名で倍率が高い企業。たくさんありますが、あなたがその直感で大切にしてくれそうな雰囲気を感じられなくともそこに身を預けますか?

長い人生の中においてのまだ午前6時くらいの段階で違和感を感じつつも内定がもらえたからと活動を辞めてしまいますか?

冷静にじっくりと活動にあたっていただきたいと思います。

「就職活動」略して「就活」。惑わされてはいけません。

悔いなき就職活動ができたかどうかは入社したあとに分かること。
あなたという一個人にマッチした企業選びを行わずして内定が取れたとしても、入社したあとのほうが重要であることはいうまでもありませんよね。

だからこそ惑わされてはいけません。

先日このような記事が出ていましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報道
6/1より採用活動解禁

 

報道
大企業の選考基準は高いまま!

 

報道
売り手市場も狭き門!

 

煽られ、惑わされてはいけません

収益性が高い企業に入ればみな高給取り?

有名企業に入ればみな一生涯安定?

大手企業に入れば一生鼻高々?

判断ミス 不正 競争激化 業績悪化・・

数千人規模のリストラ 鬱病 自殺・・

そんなことはまったくないのです。

 

 

 

 

 

その証拠に数年前までは安泰といわれていた誰もが知る大企業。今はどうなっていますでしょうか。

人々の嗜好も価値観も時代とともに変わっていくのです。

強い企業・残る企業とは時代の変化に適応できる企業。規模・知名度などでは決してない。

個性や価値観の尊重 大事にしてくれる社風。

入社した後のあなたの謙虚な気持ち 努力。

こういうことのほうがいかに大きいか・・。

だからこそご自身にしか分からない違和感を大事にするべきなのです。

 

 

 

人間性や経済力・趣味嗜好に強烈な違和感を感じ、ぬぐえずとも、相手はなかなか見つからないからと結婚を決めてしまいますか?

ということと似ていると思います。

企業選び・・。

企業
 あなたを受け入れてくれる・認めてくれる

 

企業
あなたらしくいられる

 

企業
困ったときに手を差しのべてくれる

 

企業
悩んだときに相談がしやすい・心開ける

こうしたことのほうが大事だと思うのは私だけでしょうか?

気のせいなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

次回は悩む方が多い「面接時の質問」についてお話しをして参ります。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する!

新入社員教育.comでした。

ドットコム
本日もありがとうございました。メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願い致します。

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。