「就職活動」略して「就活」。あなたはどのような質問をしていますか?しようと思っていますか?

「何か質問はありますか?」就職活動において、面接を筆頭とした選考段階において質問を求められることは非常に多いというか求められないことはありませんよね。

これまでの経験上「質問をする」ということにネガティブなイメージをお持ちの方が非常に多いという印象ですが、ここはあなたが直観的に感じた違和感を払拭する、共感を確信に変える、錯覚から目を覚ますには非常に重要な要素。

今回の記事ではわたくし新入社員教育.comが「こうしたほうが・・」と思うことについてお話しをさせていただきます。

 

「就職活動」略して「就活」。企業選びをするうえであなたが一番知りたいことは何ですか?

「こんな質問をしたらどう思われるか・・」「的外れかな・・」など余計なことを考える必要はありません。就活は、換言すれば自分のこの先の人生の大半を過ごす場所を決める活動。考えないほうがいいです。

 

 

 

 

 

緊張するのは分かります。でも、この先就職活動と同様に結婚相手を決めるなどというあなたの人生にとって非常に重大なコトを決めなくてはならない場面に直面するかと思いますが、その際に知っておかなくてはならないことも多々あるなかでそんなことを考えますでしょうか。

ですから、知りたいことや気になることはしっかりと確認しておいたほうがいいことは間違いありません。

就職活動中、就活に臨むあなたがすべきと思う質問その①。その前に大事なコトを忘れてはいけません!

あくまでも私だったらと視点なのですが、考えられるところを列記していきます。参考になる部分があればぜひご活用いただければと思います。

そしてこれは就職活動においては必須。「質問しなければ・・、しなければ・・」となるがあまりに忘れる方があまりにも多いため、特に留意していただきたいです。

これは面接に限った話ではなく、説明会やインターンシップの際などにもぜひご活用いただきたいです。

〇〇〇のこと

人によるのかもしれませんが、あなたは自分のことを聞かれてイヤな気持ちはしますか?自分に対する誠実な興味関心を疎ましく思いますか?
つまり、主要となる面接官のことを聞いてみるのはいかがでしょうか?
ということです。

稀なケースかもしれませんが、

言葉のイントネーションから・・

就活生
関西のご出身なのですか?どちらですか?

人生・社会人の先輩として・・

就活生
私は~なんですが、座右の銘は・・?

 

就活生
大切にしていることやこだわっていることは・・?

 

就活生
大変だったことや嬉しかったことは・・?

 

就活生
新入社員のころの面持ちは・・?

会社の先輩として・・

就活生
御社のイイところと改善しなくてはならないと思うところは・・?

 

会社の上司として・・

就活生
新入社員に求めることとは・・?

 

などなど自分のコト・自分の会社のコトを誠実な姿勢で聞かれて嫌がる人は少数派だと思いますし、私などは「ドットコムさんは・・」などと聞かれると非常に嬉しく思うものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

■経団連 2015 年度 新卒採用に関するアンケート調査結果の概要

見たことがある方も多いですよね。
こういうデータも実在するのが実際です。

「コミュニケーション」
重視している企業が非常に多いのが実際です。
その入口は「相手を知ろうとすること」。そして重要なのは「話し上手」ではなく「聞き上手」であること。

あなたの質問に対し、面接官が答えてくれている最中は何があろうとも「傾聴」に徹しましょう。

型にはまった質問を無理に考え、それに終始するのではなく、面接官とのコミュニケーションが図れているのかという部分は就活中のあなたには特に振り返ってもらいたい部分です。

加えて、画一的に見られる就職活動中の学生の方々の中で強い印象を与えるには必須です。

コミュニケーションについては「指南書」でも扱っていますので、ご興味のある方はぜひご一読いただければ幸いです。

 

就職活動中、就活に臨むあなたがすべきと思う質問その②。

その企業の日々の事業運営の状況や、収益性・安定性などは当然気になりますよね。これも人によって重視するポイントが違いますので、必要な方はしっかりと鍛錬をして臨んでいただきたいです。

会社・業界の現状、将来の展望

あくまでも必要に応じてなのですが、気になるのであれば聞くべき。

成長産業だから万事OK。斜陽産業だから万事NG。ということはなく、それぞれで若手社員の活躍できるステージや、求められる要件も変わりますので、あなたが知りたいことや不安に思うところがあればぜひ聞いてみてください。

今はたいへん便利な時代ですから、企業研究・業界研究の一環としてしっかりと調べ、情報取りはカンタンにできますよね。鍛錬を重ね、スムーズに聞けたほうがよいことは言うまでもありません。

こうしたことを求める面接官もいらっしゃいますが、ここは「企業や人によって」異なる部分ですので、使う使わないにかかわらず、ひとつくらいは用意しておくほうが無難だと思います。

各種エ・・

たとえば、その企業が販売をしている有名な製品。最近ヒットして報道を賑わしている商品。企業HPで謳っている主力商品、あなたも愛用している商品などの開発から販売に関するエピソードなどを聞いてみるといいかもしれません。

目についたCMや広告、起用されている芸能人についてなどなど、その場の雰囲気を良くしたり、共通する話題の発見などにも役立ちます。

そうした部分に魅力を感じる方などは、ここ数年で入った若手社員がそういう仕事に起用されているかどうか、どういう要素があったから起用されたのか・・などもいいかもしれません。

就職活動中、就活に臨むあなたがすべきと思う質問その③。私が最重要と考える質問です。

実はここが今回の記事の本題です。これまで数多くの面接をさせていただいた中で、この質問をなさってきた方はいらっしゃいませんが、知らないことが「ミスマッチ」の最大の原因になるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスマッチの要因のひとつ。ズバリ「定着率」です。質問の結果、当然それが高いにこしたことはありませんが、以下のような返答があった場合でも「本命」「第一志望」というその企業の地位は揺るぎませんか?

就活生
昨年入社の新入社員の定着率はどれくらいですか?
面接官
50%です(40名入社 20名退職)。

 

就活生
ここ3年間の新入社員の定着率はどれくらいですか?

 

面接官
・・・。(把握していない)。

 

面接官
4・・割・・くらいですかね・・。

 

極端な話ですが、1年で新入社員の半分しか残っていない会社。然るべき職位にいると予想される面接官がその状況を把握していない、答えられない会社でも身を預けられますでしょうか?

ということです。

新入社員の育成体制や新入社員が退職することの重大性が窺い知れるはずです。

昨今は国策の一つとしても重要視されていますので、従業員のメンタルヘルスに対しての取り組みについてなども聞いてみるとよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


入社したい企業、気になる企業。せっかく就職活動を行い、選考の場に赴いても、こうなってしまうあまりにコミュニケーションが図れず、そしてミスマッチを防ぐべく実態を確認できなければ、その意義も半減してしまいます。

面接官
何か質問はありますか?

このシチュエーションを想定して、聞きたいことや知っておくべきことを熟考し、鍛錬を重ねたうえで臨んでいただきたいと思います。

就職活動。あなたと企業は対等です。
面接に限らず、説明会やインターンシップの場でも積極的にコミュニケーションを図りましょう。

 

 

 

 

 

「就職活動」略して「就活」シリーズ まとめ

就職活動の目的は内定を取ることではなく、その企業にあなたの今後の将来にとって大きな障害があるかどうか。あなたのことを大切にしてくれる会社なのか。

これを鋭い視点で見ることです。

あなたももちろん、人によって人生観や価値観、仕事観はそれぞれ。

給料、充実したプライベート、やりたいこと、優先させることも人それぞれ。

就活はあなたが見定められる機会ではなく、あなたが企業を見定める機会なのです。

「就職活動」略して「就活」シリーズ。
いかがでしたでしょうか。

素晴らしい結果を手にしていただくことを心より祈念しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する!

新入社員教育.comでした。

ドットコム
本日もありがとうございました。メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願い致します。

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。