■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#12 新入社員全員が求めていること 「最高のスタート」②

 


新入社員教育。新入社員全員が共通して求めていることである「社会人としての最高のスタート」について考えていきます。

新入社員教育を進めるうえで、新入社員の方々全員が共通して求めていることを押さえておくことは必須です。誰もが求める「最高のスタート」。本日の記事では今後しばらくつづけていく【質問例】を用いながらそのあたりをひも解いて参ります。

この質問はあくまでも私のこれまでの経験と個人的主観で言っているものですが、分かりやすくするために番号を記して参ります。

この順番通りにやらないとうまくいかないということでは決してなく、あくまでも押さえておくべきと考える「要素」の一つであるとご認識いただければと存じます。

では【質問例②】から参ります。

 

ドットコム
どのような状態をもって「最高のスタート」と言えるのでしょうか?

 

人それぞれなのですが、ここでよく出てくるのは下記のようなものが多いです。

新入社員
心身ともに健康でいられる状態

 

新入社員
仕事にやりがいを感じられている状態

 

新入社員
組織にとけこめている状態

 

新入社員
上司・先輩に可愛がってもらえている状態

 

新入社員全員が共通して求めることとはこのようなこと。

非常に分かりやすいです。

この逆を求める方はいらっしゃいませんよね。

次の質問。【質問例③】です。

 

ドットコム
「最高のスタート」を切るために絶対不可欠なこととは何ですか?

 

この質問に対してよく出てくるのは下記のようなものが多いです。

新入社員
チャレンジ精神
新入社員
職場での人間関係
新入社員
コミュニケーション能力
新入社員
挨拶
新入社員
社会人としてのマナー
新入社員
社会人としての自覚
新入社員
負けない・諦めない気持ち

 

非常に近いものがいくつもあるのですが、これでは大事であり、言いたいことは分かれども抽象的の域を脱せないという感じです。

 

ドットコム
なるへそ・・。例えばですが、チャレンジ精神って具体的に何ですか?どうすれば身につくものですか?
新入社員
・・・。

 

ドットコム
社会人としての自覚とは具体的に何ですか?それって外から見て有る無しが分かりますか? 

 

新入社員
・・・。・・・。

 

ドットコム
コミュニケーション力とは具体的に何ですか?

 

新入社員
・・・。・・・。

 

 

戻りますが、新入社員の方々にとっての「泣きどころ」は、社会人としての最高のスタートを切りたいという意思。

答えを書きますが「最高のスタートを切る」ために「絶対不可欠なこと」は「仕事を覚える」ことよりも、まずお互いがまったく知らない間柄である中においても良好な人間関係を構築すること

実感がわかない方もいらっしゃると思いますので、例えばですが、私は以下のようなことを話します。

 

ドットコム
希望する部署への配属や、望む職種に就けるかが気になるのは自然なこと
ドットコム
運よくそれが叶ったとしても、良き人間関係なしに最高のスタートはありえない
ドットコム
新入社員という立場上、いちはやく仕事を覚えなくてはと考えるのも自然なこと
ドットコム
学校やアルバイト先での人間関係はどうであったかの振り返りをしてみるべき
ドットコム
問題があった人は人間関係でつまづく可能性が高いかもしれない

 

本格的に研修カリキュラムに入っていく前段階、実際の職場で上司や先輩、お客様と接する前段階において、この部分の認識を促すことは非常に重要であることはもちろん、

ここの理解を促すことができることこそが、研修の効果創出と職場での早期戦力化実現の「礎」となるといっても過言ではありません。

御社様ではきちんと促しができていますでしょうか?こちらもぜひご点検ください。

これまでの内容ももちろんですが、このあたりは企業様の教育ご担当者様のみならず、いままさに眼前のご入社を控えていらっしゃる方、就職活動中もしくは就職活動を控えた学生の方々にもぜひご覧になっていただきたいです。

次号ではさらに「泣きどころ」の核心に近づいて参ります。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

ドットコム
本日もありがとうございました。引き続き次号も宜しくお願い致します。

 

ドットコム
メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願い致します。 

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。