■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#14 新入社員教育 全員に共通するその意欲に通じるもの

 


新入社員教育。 無知?慢心?錯覚?担当者からどう見えているかをありのままに伝えましょう。

新入社員全員に共通する、その実は強く求めていること。いわば「泣きどころ」。本日の記事ではさらなる核心に入って参ります。
後述の内容はあくまでもこれまでの私の経験上という話しになるのですが、ご担当者が感じたことを率直に伝えましょう。

「微妙な顔つきをする方が多かったら」という前提となりますが、こちらも私のこれまでの経験から言うと、ほぼ全員の方々が「微妙な顔つき」をされます。

前回の記事に引き続き【質問例⑥】のご紹介をいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ズバッと直球でいきましょう! 


ドットコム
仮に私が皆さんの上司だったら、皆さんと良い関係を築けそうにありません。なぜでしょうか?

 

新入社員
・・・。・・・。

 

ドットコム
なぜならば・・・

 

 

まず可愛がられない現実。淡々と気づかせてあげましょう。

「受け入れてもらいたい」「親身に教えてもらいたい」「相談に乗ってもらいたい」。新入社員全員が強く求めているにも関わらずほど遠い現実・・。
声を張る必要などいっさいありません。淡々と伝えていきましょう。

とうてい可愛がれない理由。
こういうこと、御社ではありませんか?

 

良い関係が築けそうにない人

◆自分の話を聞く態度や姿勢が非常に思わしくない人

◆初見の際の挨拶や自己紹介が非常に思わしくない人

◆食事の際のマナーが非常に思わしくない人がいる

◆問いかけや質問の際の反応が非常に思わしくない人

◆文字の記載が非常に乱雑な人

 

私の経験上、ほぼ100%の新入社員が上記いずれかに該当するのですが、我が社だけではないと思います。

部下としては「欲しくない」ですね。

 

 

 

ドットコム
逆の立場であったらどうですか?

 

ドットコム
丁寧に教えよう、可愛がってあげようと思えますか?

 

新入社員
・・・。・・・。

 

ドットコム
朝から今までの皆さんの言動をずっと見ていましたが、皆さんは実際の職場の上司・先輩と良い関係が築けますか?

 

新入社員
築けない・・と・・思います・・

(お通夜’状態)


【質問例⑦】です。

ドットコム
良い人間関係が築けないと私が思うのはなぜだと思いますか?

新入社員
・・・だからです。

 

第31号】から【第35号】にかけてご紹介いたしますが、いろいろと出てきます。

新入社員
朝一番での挨拶が・・
新入社員
受講時の姿勢や態度が・・
新入社員
食事の際の所作が・・

そしてこれこそが大事なのです。何が大事なのか・・

「本日のポイント」

としてですが、上記のような現段階において、職場の方々と良好な関係を築くうえでご自身に不足していることを、こちらが指摘するのではなく、新入社員の方々に、

自ら気づいて

いただき、言っていただくことが何よりの

「肝」

となります。

教育担当者
なんですか!?その挨拶は!
教育担当者
いまあくびしましたよね!
鬼軍曹
なによそ見してるんですか!
教育担当者
「いただきます」「ごちそうさま」も言えないの?

これはまずいです。なぜでしょうか。それは・・
「否定」だからです。

もっとまずい例があります。それは・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人事部
学生気分を捨ててください
人事部
今日から社会人になったのだから・・ 
上司・先輩
バイトじゃないのだから・・ 


などの

極めて抽象的な「否定」

自分たちにも不足している点があったことは認識できていますから、

表面上は・・、

新入社員
すいません!
新入社員
捨てます!
新入社員
分かりました!

は言うと思います。 

でも実際(内心)は、

新入社員
でも、どうすれば・・

となってしまいます。

ですから結局は具体的な

「改善行動」「対策」

にも繋がっていかない。だからまた、

人事部
この前もいいましたよね? 
上司・先輩
何度言えば分かるのですか? 
新入社員
すみません。
新入社員
意味分かんね・・・。

となる。そして結局はその指摘が

「徒労」

と化し、加えて双方の距離感も広がってしまう・・・


御社様における新入社員の方々との

「ファーストコンタクト」

はいかがでしょうか?

新入社員の方々に至らない点が多いのは分かりますし、それは当然であり正常なことなのですが・・、

「否定」

の方が多かったりしないでしょうか?

「教育担当者」を担うほどの方ですから、社会人としてある程度の経験をお持ちだと思いますが、それをモトにした

「常識」「価値観」

「こうあるべき」という主観

で新入社員の方々を見てはいないでしょうか?接してはいないでしょうか?

以前に触れましたが・・、生まれたての

「赤ん坊」

の状態から

「否定」

(ばかり)されると、のちの修正には非常に多くの時間と手間を要するがゆえ、その影響も甚大です。

「教育担当だから」と肩に力が入りすぎてしまったり、自分の話をちゃんと聞いてもらえないという強烈な不快感から「新入社員教育を成功させるのだ」という本来の目的が「ご自身の快」にすり替わってしまうケースも非常に多いです。

「うんうん」と熱心に聞いてくれているときは「強烈に気持ちよい」・・。

「強烈に気持ち良い」からお手洗いのことや疲労度合など、聞き手のことなど慮る余地もなく2時間もしゃべり続けたり、ちょっと集中力が切れているような・つまらなそうな状況が見られると「超絶不快」・・。

かつての私もまさにそうでした。そのありさまが↓です。

私もこのようにエラそうに述べていますが、3年前までは・・

ドットコム
聞いてるのかよ!!
ドットコム
出てけ!!
ドットコム
帰れ!!
ドットコム
※◆▽■〇☆!!

こんなことばかり言っていました・・
(かなり‘痛い’ですよね・・)

ドットコム
俺はこんなに一生懸命話しているのに!
ドットコム
それなのにこいつらときたら・・ 

・・、結局は自分が「不快」の状態にいたくないだけで、聞き手である新入社員の方々の立場や状況や気持ちを考えようとしていなかっただけなんですよね。 

経験上、こうなると新入社員の方々の研修に真摯に取り組むモチベーションは・・

 

新入社員
怒られないように・・(怯)
新入社員
退室を命じられないように・・(ビク×2)
新入社員
しーん・・(静寂)

と、研修の内容に集中ができない方向へと比重がいってしまいます。

そして、これも過去の私がそうだったのですが、「教育担当者の役割」を

▲「教えること」

▲「‘重箱の隅をつつく’こと」

▲「叱ること」

▲「怒ること」

と捉えるがゆえ、

「ある程度は気が強くないと」

と、はき違えている方が出てしまうのが実際です。しかし、気など強くなくとも「教育担当者」は十分務まります。(これはまたあとの方の号で触れて参ります)

「教育担当者の役割」はそのようなことではなく、足りないところだらけの新入社員の方々の意欲やポテンシャルを下げず(=萎縮させず)に、

まだ始まったばかりの社会人人生において「障害」になるであろう部分を地道に真摯に誠実に正してあげることを繰り返しながら、正しい方向に導いてあげることであり、
つまりは・・

■「指導」

■「カタチ」

■「題材・テーマ」

は正しい方向に導くために必要な多くの「手段・方法(武器)」の一つにしかすぎないのだということです。

想定外に長く(熱く)なってしまいましたが、【次号】では「三つ目の魔法」について触れて参ります。

ドットコム
本日もありがとうございました。【第15号】も宜しくお願いいたします。 

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。