■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#31 新入社員(新人)の不安は?①


「不安」「緊張」「面倒」・・。 新入社員のネガティブ・マイナスな気持ちは変わるのか!?

これまで「新入社員の方々の決定的な弱点」「その意欲を引き出すための魔法」と、全てをお伝えするのに約1ヶ月を要しました、実際の「新入社員教育プログラム」に入る前に不可欠な受講者の方々の「感情の変化」についての実レビュー第1弾。
のちの新入社員教育において成果を出すためにはこの段階が非常に重要となります。

以前に触れておりますが、当ブログでは約1か月を要しているものの、実際は正味3.5時間(休憩含め延べ4時間)にて実施をしており、正味4時間もあればかなり余裕をもってできる内容となります。


レビューの概要は下記となります。

■研修名:「内定者研修」
~社会人として最高のスタートを切るために~

■実施時期:12月~3月(入社4~1ヶ月前)

■対象者:本年度入社の新入社員
(1年後在籍率100%)

※会社様ごとに実施したため、実施月にばらつきがありますが、最も早いところで12月中旬、最も遅いところで3月初旬に実施した内容です。質問および回答イメージは下記の通りとなります。

※受講対象者が「内定者」の方々で、その後また入社まで1ヶ月から3ヶ月の間お会いしないという状況であり「短時間勝負」となるがゆえ、こちらでまとめた順番とは少々異なる、下記の形で進めております旨、ご承知おきください。

※短時間勝負は導入で間違える(=不安を払拭できない)と取り返しがつかなくなるため、このような構成にしております。


■自己紹介

■質問①
社会人として最高のスタートが切りたいか

■質問・考察②
最高のスタートを切るために必須のこと

■研修の目的
(最高のスタートを切ってもらうこと)

■新入社員教育担当者の立ち位置
究極の泣きどころ

※使命については【第40号】前後で触れて参ります

■感情の生起・変化について

■質問⑮・考察 
(【本号】はこの段階)

■まとめ


これまでの記事は「内定者研修」無しを前提に記載しておりますので、こちらもあわせてご承知おきくださいませ。

それでは参ります。

新入社員の気持ち。実際のレビューを見て参りましょう!

大まかではありますが、感情・気持ちレベルは上表のとおり①~⑤と設定。記入時間は1分程度。ほぼ原文のまま記しますので、その旨ご容赦いただければと思いますが「生の声」からその有用性と有効性をご実感いただけましたら幸いです。

【質問】
気持ちに何か変化は?
その変化はどの程度?

Aさん
Yes. ②→③ 正直に言います

※女性 4大卒


Bさん
②→④ 

※女性 専門卒


Cさん
④→⑤

※男性 4大卒


Dさん
③→④ 

※女性 4大卒


Eさん
変化しました。

※男性 4大卒


Fさん
④→⑤ 自分が今まで生きながら感じ、考えていたことと内容が同じだったから。合っているんだと思った

※女性 4大卒


Gさん
②→④

※女性 4大卒


Hさん
 正直なところ、朝が苦手だし緊張しいなので後ろ向きな部分はあったのですが、最初のゲームや研修で楽しく学べて、同期とも仲良くなれ、気持ちが上がりました。

※女性 短大卒
※当該研修の前に採用チームによる「職場体験ゲーム」のようなものが行われました。




【質問】
気持ちに何か変化は?
その変化はどの程度?

Iさん
②→③何をさせられるか不安だったが、為になる話なので前向きに聞きたいと感じていると思った。

※男性 4大卒


Jさん
Yes!②→③ 正直なところ、朝が苦手だし緊張しいなので後ろ向きな部分はあったのですが、最初のゲームや研修で楽しく学べて、同期とも仲良くなれ、気持ちが上がりました。

※女性 短大卒


Kさん
Yes.③→④

※女性 4大卒 中国籍


Lさん
②→④

※女性 短大卒


Mさん
Yes.③→④

※女性 4大卒


Nさん
②→③

※女性 専門卒


途中経過。なんと新入社員14名中8名の57.1%が、②「不安」「緊張」「面倒」に該当!

いかがでしょうか?真面目そうですました態度や、聞いている風情の新入社員(内定者)でもいかに不安や面倒といった気持ちに苛まれている方が多いか・・。これはこれまでのような促しやこうした確認をしないかぎり分からないものでもあります。

短い時間でも新入社員の「不安」などの気持ちは前に向かせることができそう!

開始段階で57.1%の方がマイナスの感情にいるといったにも関わらず、30分後には14名中 10名の71.4%の方がプラス感情である④もしくは⑤にいると答えられた方の割合です。
こうしたことを実施したうえで本題である新入社員教育プログラムに入っていくのか、実施せずに入っていくのか・・。
全然異なることがご実感いただけると思います。

これまで何回かお話しをさせていただいて参りましたが、何を取り上げるにしても、受講者である新入社員(内定者)の方々が「不安」「緊張」「面倒」といったマイナスの感情から抜け出せないかぎり、その効果は極めて限定的となってしまいます。

御社様の新入社員教育プログラムにおいてはいかがでしょうか。

新入社員の方々の不安を筆頭とした負の感情を払拭することに注力されていますでしょうか。

このあたりもご点検いただけましたら幸いです。

ドットコム
企業における新入社員教育をはじめとした従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

 

ドットコム
本日もありがとうございました。引き続き次回公開分も宜しくお願いいたします。

 

ドットコム
メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願いいたします。 

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。