■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#32 新入社員(新人)の不安は?②


「不安」「緊張」「面倒」・・。 新入社員のネガティブ・マイナスな気持ちは変わるのか!?

前号の途中経過段階では新入社員(内定者)の57.1%もの方が「不安」「緊張」「面倒」等の負の感情にいらっしゃったことをお伝えしました。新入社員教育に限らず、受講者のマイナスの感情をいかにプラスに転換できるかが重要となりますので、本日も残りの方々のレビューをお伝えして参ります。

本題に入る前に余談なのですが、

3月31日の19:57にタイムリーにも前の記事で登場したEさんからメールをいただいておりましたので、そのやりとりをご紹介したいと思います。

少々見づらいかもしれませんが、ご了承くださいませ。

Eさん
お疲れ様です。□□□のEです。先日はお忙しい中OFF-JT研修有難うございました。恐らく最後になってしまう講話では2年目を迎えるにあたって、とても勉強になり、尚且つ1年前の新入社員研修やこれまでのOFF-JT研修の復習にもなりました。最後になってしまうということでやはりとても残念に思います。研修での講話はいつもタイムリーな内容ばかりで、毎回翌日からもあらためて仕事頑張ろうという気持ちになります。新入社員研修で「教育チームの方々が自分たちを変えたのではなく変われた自分たちがいただけ」という言葉にはとても感動致しました。
ただ、私の中では新入社員研修で良い方向に変えていただいたのだと感じておりますし、
ドットコムさんをはじめとした教育チームの方々にはとても感謝しております。感謝の気持ちを忘れずに日々の業務に取り組んで参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。また今後も良い連絡ができるよう精進して参ります。

※3/31(金) 19:57

ドットコム
E君(いつも下の名前で呼んでいます)、お疲れ様です。ドットコムです。メール有難うございました。こうして研修のたびにメールをくれるのはE君だけであり、本当にありがたいかぎりです。これは同期の皆さんへの「拡散希望」なのですが、研修としては確かに最後ではあるけれど、重大な悩みはもちろん、退職が頭をよぎった際、そして「個人的な研修」を受けたくなった際にはいつでもこうしてメールをもらえれば幸いです。いつでも無料のカウンセリングとレクチャーをさせてもらいます。皆さんは、それぞれの個性に加えて本当に良い素質をもった方々ですので、日々の自身の業務はもちろん「育成能力」を身につけていけば、必ずいい人生にできるものと確信しています。今の時期、皆さんの「最大の武器」である「若さ」を無駄にしないでもらいたいと思います。これからもお互い「自分のために」日々を頑張って参りましょう。最後に、私も○○君をはじめ、皆と内定者研修・新入社員研修からの時間を共有できて本当に貴重な気づきと成長の機会をいただいたこと、本当に感謝しております。誠にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!

※4/1(土) 7:21


Eさんとは「ファーストコンタクト」であった内定者研修から1年3ヶ月と半分。教育プログラムから実務を経て、こうして真っ直ぐ成長している姿や、感謝の言葉をいただけるのは本当に教育担当者冥利に尽きますね(泣)。

では本題に参ります。

新入社員の気持ち。実際のレビュー(続)を見て参りましょう!

前号と同様、大まかではありますが、感情・気持ちレベルは上表のとおり①~⑤と設定。記入時間は1分程度。ほぼ原文のまま記しますので、その旨ご容赦いただければと思いますが「生の声」からその有用性と有効性をご実感いただけましたら幸いです。


【質問】
気持ちに何か変化は?
その変化はどの程度?

Oさん
③→④上がりました。ドットコムさんのお話しを聞いて、自分の感情をしっかりコントロールしていくことの大切さが分かりました。

※女性 高校卒


Pさん
②→④来る前までは少し眠かったけど、今はドットコムさんの話を聞くのが楽しい。

※女性 高校卒


Qさん
はい、あがりました。初めは分からないことだらけでコワかったけれど、話を聞いて前向きに考えを変えれば私もがんばっていけそうだと思った。後ろ向きな気持ちから、前向きな気持ちになれた。

※女性 高校卒

=肝心の数字が書かれていない・・(笑)
このあたりは、のちに実務に入っていく際にご本人の課題になってくる部分ですね。
でも「コワかった」=「極度の不安」を抱いている状態では仕方がないかもしれません。


Rさん
Yes →④緊張していたけど今は和らいでいる。

※女性 高校卒


Sさん
④→③ ④:どんな話をするのかな③:話が難しくて大丈夫かなと不安。

※女性 高校卒

=私にとってまだまだ改善せねばならない課題であり、ご本人には大変申し訳ない気持ちであるとともにこうした率直なご感想は本当に勉強になります。
実は【次号】から数回に分けて、この「前段」に対する「全体所感」をお届けするのですが、【第35号】におけるこの「Sさん」の最終的なご感想にご注目いただければと思います。


Tさん
Yes →④がんばろうと思う気持ちが強くなっていった。

※男性 高校卒


Uさん
③→④

※男性 専門卒


Vさん
Yes →④がんばろうと思う気持ちが強くなっていった。

※女性 専門卒


Wさん
③→⑤

※女性 専門卒



【質問】
気持ちに何か変化は?
その変化はどの程度?

Xさん
→③

※男性 専門卒
=捉え方や感じ方は人それぞれであるも、やはり反省です。「Sさん」と同様に【第35号】におけるこのXさんの「全体感想」にご注目ください。

こちらも自己擁護をする訳では決してないのですが・・

「自分はできる」

「カンタンにいくのでは・・」

という錯覚をしている方にはこのような傾向があるような気もいたします。
研修が進むにつれ、どんどん表情が引き締まっていった記憶があります。

あくまでも前段ですので、ここで絶対に上向いていなければならないということはありません旨ご理解いただければ幸いです。


Yさん
②→④

※女性 短大卒


Zさん
どうとらえるかで変わるんだなと思った。→④

※女性 専門卒
=申し訳ないのですが、初見の態度と警戒感は「敵対」と言えるほどのものでどうなるかと思いましたが、こういう風にありのままを書ける方はいいですね(笑)。でもまさか「○ね!」と思われていたとは・・(苦笑)


aさん
Yes②→④

※女性 短大卒


bさん
Yes→④話してる人がめっちゃいい話をしてくれたから

※男性 専門卒
=「めっちゃ」(笑)。こうした自分らしさ(個性)はずっと失ってもらいたくないですね。


cさん
②→④

※男性 4大卒


dさん
→④最初は緊張してたけど、話が楽しかったです。

※女性 専門卒


eさん
③→④

※女性 専門卒


結果確定!新入社員29名の気持ち・感情はどうなったか・・。

【前号】において「途中経過」をお知らせしましたが、全29名の実施前と実施後の各感情レベルの内訳は下表の通りとなりました。私も構成はもちろん、伝える内容や資料作成等、万全の準備と自信をもって臨んだのですが、結論としては・・・。

短い時間でも新入社員の「不安」などの気持ちは十分に前に向かせることができる!

①②に該当する「不安」や「面倒」とした方の割合は51.7%から0%に。そして、④⑤に該当する「楽しい」「ハッピー」とした方の割合は10.3%から82.8%となったカタチであり、十分すぎるほどの効果が実感できる結果となりました。

しかしながら、④→③と逆向きの変化となった方がいらっしゃるのも事実であり、

「人の気持ちはやはり難しい・・」

「次回こそは‘上向き率’100%を」

というところでありますが、100%にならないことのほうがむしろ「自然」なのかもしれません。

ただ、次の機会でもっと良いものにするべく、

◆「表情」◆「声のトーン」

◆「言い方」◆「伝え方」

◆「例示の内容」

については振り返りと反省・改善に努める次第です。

上述のとおり、この話は延べ時間にして30分強なのですが、この短時間だけでもこれだけ新入社員の方々の不安な気持ちを前向きにできるのだという部分はご実感いただきたいと思います。

御社様の新入社員教育において、不安な気持ちが強いまま受講されているということはありませんでしょうか。

このあたりもご点検いただけると幸いです。

ドットコム
企業における新入社員教育をはじめとした従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

ドットコム
本日もありがとうございました。引き続き次回公開分も宜しくお願いいたします。

 

ドットコム
メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願いいたします。 

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。