■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#35 新入社員(新人)の意欲・やる気は③


不安はじめ、新入社員の負の感情を減らすことはできました。次のねらいはやる気(意欲)!

本号も前号に引き続き、正味3.5Hを経ての新入社員の方々のやる気・意欲がどういう状態になったのかをほぼ原文のままお伝えして参ります。

あえてマーキングはしておりませんが、

【前号】【次号】はもちろん、今後取り上げていく「各論」を教えていくうえで重要となるキーワードも入っておりますので、今回はそのあたりもお含みおきいただいたうえでご覧いただければと存じます。

上記に加え、入社を直前に控えた学生の方々の感情を表すワードにもご注目いただければと存じます。

では参ります。

 


研修の所感と意欲の変化度合の確認(前編)

前回の記事に引き続き、一連の研修を経ての全体所感と最大のキモとなる「入社意欲(会社を信用してくれたか・少しは好きになってくれたか)」の実レビューをご紹介いたします。質問の内容は下記でした。

ドットコム
本日の研修はいかがでしたか?率直なご感想をお聞かせください。

 

ドットコム
本日の研修を受け、入社意欲は上がりましたか?率直なご感想をお聞かせください。

 


■Sさん(女性、高校卒)
※感情変化④→③

Sさん
社会人としてとても大切なことを学べました。社会人になってもあまり人と関わらないようにしておこうと考えていましたが、人間関係を持たないと最高のスタートが切れないのが分かったので、まずは同じ年の人といい関係を保つのを頑張ります。

 

Sさん
難しい話だと思いましたが、さまざまなことを学べたので入社意欲は上がりました。いい人間関係を保ち、お客様から信頼を得て、4月から仕事をがんばりたいと思います。まずは4月の新入社員研修をがんばります。人と話すことも徐々にしていこうと思います。

 

ドットコム
「社会人になっても人と関わらないように・・」とあるように、学校での人間関係にかなり苦労したようです。表情も非常に暗く、目も常に伏しがちで・・という状況であり、その状態を何とか・・と意気込んだところ、実は「レベル④」だった・・、そして結果としては下向かせてしまった・・という状況です。失礼ですが、本当に実直でやる気のある「いい子」という印象でしたが、ご本人なりに奮闘されているようで何よりです
 


■Tさん(男性、高校卒)
※感情変化:③→④

Tさん
働く意欲が上がっていきました。やりがいとやる気をもって社会人としてがんばっていきたいです。

 

Tさん
意欲は上がりました。早く入社して社会人として最高のスタートをきりたいです。

 

ドットコム
Tさんは言葉は少ないですが「本当に高校生?」というくらい寡黙で落ち着いていて「内に秘めたる闘志・やる気」のようなものをひしひしと感じた方でした。
 


■Uさん(男性、専門卒)
※感情変化:③→④

Uさん
自分が思っていた以上に楽しかった。とてもいい話が聞けた。

 

Uさん
意欲は上がりました。入社がとても楽しみになった。

■Vさん(女性、専門卒)
※感情変化:②→④

Vさん
想像してた研修と全くちがってすごく楽しい研修でした。私の通っている学校でも「挨拶・返事・掃除」に力を入れているので、入社までの残りの学校生活で気をつけてやっていきたいとあらためて思いました。働き始めることに対してまだ不安はあるけど、今日そして入社後の新入社員研修で自信を持てるようになりたいです。

 

Vさん
意欲は上がりました。今日の研修でこれからがんばろうという気持ちになれました。


■Wさん(女性、専門卒)
※感情変化:③→⑤

Wさん
正直、朝行くのはちょっとめんどくさいなと思っていたけれど、途中からもしかしたら楽しいかもと思って研修を受けてみたら、ためになる事が多くてとっても楽しかったです。気づけない部分も知れていい勉強になりました。ありがとうございました。

 

Wさん
意欲は上がりました。分からない事もたくさんあるけど、それは後から身につければいいのであって、まずは礼儀をしっかりやっていきたいと思います。4月の新入社員研修も少し楽しみです。頑張ります!!

 

ドットコム
「記載のとおり、時間が経つにつれての「目力」と表情の変化でやる気・意欲の高まりが手に取るように分かりました。「え?新入社員で?」というくらい難易度の高い部門に配属されていましたが、しっかりと評価と結果を得ていましたね。「めんどくさいな」 と思っているとは夢にも思えないほどの状態だったのですが・・(苦笑)
 


■Xさん(男性、専門卒)
※感情変化:④→③

Xさん
こんなにまじめに座学をするとは思わなかった。研修生として大切にあつかわれていてよかった。

 

Xさん
意欲は少し上がりました。まだ少し不安なところもあるけれど、他の同期の人達とがんばっていこうと思った。

 

ドットコム
「言葉は悪いのですが、既に同業他社様でのアルバイト経験もあり「負けるワケがない」と周囲を見下している感を強く受けた方です。こちらのとおり、「ちょっと違うぞ・・」というような感じで表情がどんどん引き締まっていったことを強く覚えています。見下す・見下さないは別にして、同期に負けない・負けるワケがないと思うことは悪いコトではありませんので、ご自身の武器としてさらに活躍してもらいたいですね。
 


■Yさん(女性、短大卒)
※感情変化:②→④

Yさん
正直、かなり気持ちが楽になりました。来るまで「社会人になる」「働く」という言葉が苦痛で不安だったけど、「頑張るかっ!」って気持ちになりました。

 

Yさん
研修をする前とは気持ちの持ちようがおどろくほど変わりました。きっと、大変な事が多い事には変わらないけど、それでも自分なりに意欲的に楽しもうと思います。

 

ドットコム
逆にYさんは最初から柔和で穏やかな表情をしていたという印象であり「苦痛で不安」というところまでとは夢にも思いませんでした。「感情は無意識にオモテに・・」などとエラそうに言っているにもかかわらず「全く見れていない」ことを反省させられました。「かなり気持ちが楽になった」と言っていただけたことが本当にうれしかったです(泣)。
 

 


研修の所感と意欲の変化度合の確認(後編)

質問内容の再確認をはさみ、さらに後編をご紹介いたします。おおむね30分くらいの話を経てとのご認識でご覧いただければと存じます。

ドットコム
本日の研修はいかがでしたか?率直なご感想をお聞かせください。

 

ドットコム
本日の研修を受け、入社意欲は上がりましたか?率直なご感想をお聞かせください。

 


■Zさん(女性、専門卒)
※感情変化:①→④

Zさん
たくさん学んで全部活かしていきたいと思った。前までの自分の考え方と比べてダメな部分が多いなと思いました。入社して何年経っても変わらずにその気持ちを持って頑張っていきたいです。

 

Zさん
意欲は上がった。今日学んだことを早く活かしたい。

■aさん(女性、専門卒)
※感情変化:②→④

aさん
スライドショーがわかりやすくて内容が入ってきました。社会人になるにあたって学生生活とは全く違う日常になってきます。そこはしっかりとけじめをつけられるには自分のやり方次第になってくるので、最高のスタートを切られるように努力したいです。

 

aさん
話をきいていて不安なこともたくさんでてきましたが、新入社員研修を頑張ろうという気持ちになれました。

■bさん(男性、専門卒)
※感情変化:②→④

bさん
とてもいい話を聞かせてもらった。ドットコムさんの言葉で胸にささる言葉だったり、これまでと違う考え方もあるのだと実感し、とても有意義な時間だったと思う。

 

bさん
正直、意欲はこの話を聞くまではそこそこ低かったのが、今は少しだけでも上がったと思う。

 

ドットコム
第32号では、私=「話してる人」だったのが固有名詞に変わっている点からも「距離感」が縮められたことが窺え、非常にうれしかったですね。こちらも大変失礼ですが、出で立ちは髪型含め、ひとことでいうと「チャラ男」(笑)。実はやる気はあるのに、見た目と態度で損をしそうなところが心配なだけで、記載内容のとおり態度だけでは分からないものだな・・とつくづく実感した記憶があります。

■cさん(男性、4大卒)
※感情変化:②→④

cさん
本日の研修を受講して、より前向きに意欲的に仕事に向き合っていけると思うことができました。

 

cさん
正直な所、研修を受ける前は不安などありましたが、今回の研修を通じて、全ては自分のやる気次第だと気づくことができました。今後、この研修を糧にがんばっていきたいと思うことができました。

■dさん(女性、専門卒)
※感情変化:③→④

dさん
スクリーン映像もお話も、とても細かくてザックリしていて聞きやすく、頭に入ってきました。話の流れも、最初に安心を頂けたので、しっかりと聞くことができました。

 

dさん
4月までに個人的にしっかりとととのえておく事やそれ以外の目標もできたので、意欲高くやっていきたいです。

■eさん(女性、専門卒)
※感情変化:③→④

eさん
とても聞き入ってしまった。入社するのがとても楽しみになり、ワクワクした。自分にできることを精一杯したい。常に上を目指していきたい。

 

eさん
意欲はとてもあがった。入社することがとても楽しみで、常に向上心を持って仕事をしていきたいと思った。小さな事にも精一杯とりくみたい。

 

ドットコム
「聞き入って・・」「入社がとても楽しみ」「ワクワク」・・何よりの励みになりますね(嬉)。


本号も手ごたえは十分!新入社員の方々のやる気(意欲)は伝わりましたでしょうか?

以上が、4大卒見込から高校卒見込の方々の実レビューとなります。こうした研修を実施するうえで私が特に意識していること、こうした実際のレビューのご紹介を通じて皆さまに感じ取っていただきたいことについては「まとめ」として【次号】にてお話しをさせていただければと存じます。

 

ドットコム
企業における新入社員教育をはじめとした従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

 

ドットコム
本日もありがとうございました。引き続き次号も宜しくお願いいたします。

 

ドットコム
メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願いいたします。 

 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。