■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#126 新入社員教育プログラム 新入社員に必須の「技術」②-1


無残・・。新入社員として初歩的体得が必要なもうひとつの「技術」とは?

前回の記事までは複数回に渡り、「伝える技術」の一つ目である「話す技術」についてのお話しをして参りました。

人前で、自身の思いやその物事の内容はもちろん、要点を理路整然かつ簡潔明瞭に伝える・・。

これは新入社員にとっては非常に高いハードルとなりますが、早期かつ将来的な戦力化を望むのであれば必須の過程。

では、新入社員に求められるもう一つの技術とは何なのでしょうか。

 

無残なもうひとつの「技術」の状態。その原因は?

新入社員教育の過程において、初歩的体得を促すべき「伝える技術」の二つ目。

最近の状況を見るかぎり、この「技術」年々確実に低くなっている感を受けます・・。

それは、

 


「文字を書く技術」

 

新入社員にかぎらず、既存社員から役職者。

管理職を担う幹部社員。

それなりに社歴を重ね、それなりの地位にいるにもかかわらず残念な方は結構多いのですが、貴社ではいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

ここ15年くらいでしょうか。

インターネットの急速な発達、それに伴うスマートフォンの登場や各種インフラの劇的な変化により、今の新入社員世代の方々のみならず、私たちも含めて人々のコミュニケーションの取り方は大きく変わりました。

レポートや論文など、企業においてもそうなのですが、大学をはじめとした教育機関においても「書く」という行為自体が著しく減少しましたよね。

これが最大の要因ですが、家庭や学校で是正を促すべく行動がなされていないことも大きな要因のひとつとも考えます。

無残なもうひとつの「技術」の状態。どこに支障が?

著しく減少した「書く」という行為。ともなって低下している「技術力」

これを見過ごし、是正・改善を図らせぬまま、実務の場に送り出すとどのようなことになるのでしょうか。

一部過去の記事でも触れていますが、さまざまな観点からもよろしくないことは明白です。

「説得力」

連絡ノートやフィードバックなど、各種連絡や指導の際に文字を書くことも少なくありませんが、下記を比べたときにその「説得力」はどうでしょうか?

という話です。

あえての記載、ご容赦いただきたいのですが、

 

 

①乱雑かつ‘ヘタくそ’

②丁寧だが‘ヘタくそ’

③乱雑だが‘ウマい’

④丁寧かつ‘ウマい’

 

自分が一生懸命作った企画書。

上司からの指摘事項が記載されているようなシチュエーション。

もっともありがたい状態はどれでしょうか。

「誠意や格」

ビジネスの場にかぎらず、社会生活においては書かれている文字ひとつで思わぬ損をすることも少なくありません。

こうしたことの重要性はもちろん、その「もったいなさ」は新入社員教育の段階でしっかりと教えこまねばなりません。

①乱雑かつ‘ヘタくそ’

②丁寧だが‘ヘタくそ’

③乱雑だが‘ウマい’

④丁寧かつ‘ウマい’

 

 

我が社では、1日の研修が終了する段階で社長宛のレポート作成を課すのですが、これがまあひどい。

「義務感(やらされ感)」ばかりが先行し、自分の会社のトップに対する物書きとはとても思えない状態。

それを自分の会社のトップが目にしたら、

自分の評価はどうなるか

自分の仕事ぶりはどう想像されるか
※トップはその場にいませんから・・

ということにはまったく意識が向かない・・。

こんな状態で実務の場に行ったらどうなるでしょうか。

殴り書き(雑・・)
超下手クソ・・

 

こういう状態は多いですが、お客さまはどう思うでしょうか。

対お客さま、対上司・部下・会社への姿勢。

本人のみならず、会社までもが疑われることとなります。

ちょっと前の記事で喫茶店を例に挙げましたが、

 

ドットコム
笑顔や挨拶では取り繕うことはできても、こういうところにその「本質」が出る。

 

これが非常にこわいのです。

「本質」とは、意欲やモチベーションはもちろん、目の前の仕事に一生懸命取り組む姿勢やお客さまへの奉仕の気持ち

 

ドットコム
なるほどな―

 

ある方から聞き、妙に納得してしまったのですが、

 

フロント業務に従事するホテルマン

 

その「本質」が見えるのは、お客さまを前にしての対応の際ではない。

ここはいくらでも取り繕える(演じられる)。

ではどこに?

 

団体宿泊客到着後、ほどなく運び込まれる
キャリーバッグの山。
大量であることはいうまでもなく、
年季が入ったモノもある。

 

これに対して、そしてこれらを、

どのような表情で取り組んでいるか、扱うか。

ここにこそ「本質」が表れるのだそうです。

おっしゃるとおりだと思います。

 

戻しますが、

①乱雑かつ‘ヘタくそ’(?%)

②丁寧だが‘ヘタくそ’(?%)

③乱雑だが‘ウマい’(?%)

④丁寧かつ‘ウマい’(?%)

 

短くかぎられた新入社員教育期間に目指すのはどの状態でしょうか。

教育を施していない状態において、①②③④それぞれの割合は貴社ではどれくらいでしょうか。

上手・下手だけでなく、誤字も非常に多いです。

約20年間、間違ったカタチを書き続けたまま社会に出てくる・・。

 

ペキ」
注意指テキ」
「テッ
主将をツトめる
「ツナがる
「ジョジョ
訓練にノゾ
「コウワを聴く
「メイワク
ケンな姿勢
ケイをとる
を受ける

 

経験上、このあたりはよく間違いが見られる語句なのですが、誤字が多かったり、ひらがなを多用する状態・・。

これでは社会人としての素養、つまりは「格」を疑われてしまうことになります。

貴社の新入社員はいくつ正しく書けますでしょうか。

そして、漢字と同様にカタカナも微妙に間違えたカタチが是正されぬまま社会に出てこられる方も最近は非常に多いです。

人によってはこうしたことも教えなくてはなりません。

 

著者自筆
(タブレットで書いたものですのでご容赦を・・)

 

 

 

「シンソツ」とするべきでした・・
(今さらながら)

 

 

 

「シ」
「ン」
「ソ」
「ツ」

 

貴社においてはいかがでしょうか。

内容が多岐に渡るため、本日はここまでとさせていただきますが、ぜひご点検いただければ幸いです。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。


 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。