懇意にしているやきとん屋さんのお話し。そのつづき。

前回からお届けしている個人的に懇意にしているお店。

その名も「やきとん のりさん」

この「やきとん のりさん」にみられる商売繁盛に必須と思われるエッセンス。

ご主人である「のりさん」にみられる仕事人として必須と思われるその行動。

誤解なきように再度お伝えしますが、新入社員にかぎらず研修で取り上げるべく題材に十分値する内容にかならずやなっていきますので、しばしお付き合いいただければ幸いです。

社会人・仕事人として私たちが見習い、まねぶべき点。

「学ぶ」の語源は「真似ぶ(真似をする)」とも言われますよね。

技術は習得したい、評価を得るためのプロセスを踏みたいといっても何から手をつけていいか分からないという新入社員も多くいらっしゃる。

このあたりが新入社員教育とつながっていくということ。

前置きが長くなりましたが、参ります。

 

 

ただものではないサイドメニュー

こちらの「やきとん のりさん」。ただものでないのは‘串’だけではありません。

豊富なサイドメニューも超極上。

 

 

マカロニサラダ

ポテトサラダ

揚げカシューナッツ

餅揚げ明太マヨ

煮込み

自家製チャーシュー

ブー太郎

など
など
など
など


 

 

 

前回ご紹介した串ものそれぞれの名前を記したフダがかかっているのですが、そのフダが下ろされときが‘売り切れ’のサイン。

串はすぐに売り切れてしまうのですが、それでも困りません。
※この前は見事につくねを逃しました・・。

 

 

 

 

ドットコム
のりさん、シロ2本で!

 

のりさん
ハイヨ!

 

ドットコム
お願いしやす。

 

 

 

 

 

のりさん
ごめーん!シロないや。フダ下げ忘れてた!

 

先日はこんなお茶目な一幕も(笑)。

 

ドットコム
うわお!ならば・・

 

 

 

 

 

 

 やっと会えた念願の新メニュー

 

その名も・・

 

 

ロース刺し♪

 

まあ、とにかく何でも旨いのです。

 

ただものではないお酒

串(やきとん)・サイドメニューと食べ物から入りましたが、こちらの「やきとん のりさん」

お酒もただものではない。

 

ドットコム
とりあえず生!

 

といっちゃうことが多いのですが、このお店ではちがいます。

 

当然飲める量にも容量が・・

 

となれば、一番好きなお酒に特化するべき。

ということで「やきとん のりさん」では「ホッピーしばり」となる。

なかでも個人的に最高なのがこれ。

 

ジャーン!!

生ホッピー!!

 

ちょっとだけ時間が経ってしまった写真ですが、この泡のきめ細やかさとまろやかなノドごしは筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

 

 


別アングルからもどうぞ!

 

実は個人的にはこれ以上のものがあるのですが内緒。

 

サワー各種
スタンダードなものから「バイス」「クエン酸」など
※濃いめでお願いすればキンミヤ35度での提供に

キンミヤ焼酎ストレート

 

など、その他にもあるのですが、詳細は割愛します。

 

 

まいうー♬
宝石箱ぉー♪

 

 

前回記事もあわせ、グルメレポートのようになってしまいましたが、私がお伝えしたいのは以下のようなこと。

 

 

ドットコム
「やきとん のりさん」が繁盛店となった理由とは?

 

ドットコム
「やきとん のりさん」の実例からビジネスに活かせることは?

 

ドットコム
人生そのものに活かせることは?

 

ふだんお邪魔したときのちょっとした会話はもちろんなのですが、実は昨年一度だけプライベートで「のりさん」とご一緒させていただいたことがあり、その中で色々と聞かせてもらった話などをもとに次回の記事でご紹介させていただきたいと思っております。

引き続きお付き合いいただければ幸いです。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

 

 😳 ↓応援よろしくお願いします!↓ 😳

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。