■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#146 新入社員教育 新入社員に必須の「思考法」⑦


ビジネス感受性はどう醸成されていくのでしょうか?

本日の記事も前回記事に引き続き、ビジネス感受性が醸成されていくプロセスを新入社員の実際のレビューをもとにご紹介して参ります。

前回記事ももちろんですが、非常に重要なキーワードも含まれております。

そのあたりも意識なされたうえで読み進めていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

朝食について(5日目レポートより)

「朝は苦手・・」「これは嫌い・・」。

こうした自分視点から生み出される身勝手極まりない行動に対する私からの指導に対して、新入社員の面々は何を思うのでしょうか。

では、原文のまま参ります。

 

 

Tさん(専門卒 女性)

■食事について

「毎回ホテルで出されるこの食事は当たり前のことなのか」

今日、訓練でこんな話が出ました。

もちろん当たり前のことではありません。そう頭ではわかっているはずなのに、私は食事のときに苦手なものを残していました。頭の中では感謝しているのに、行動に移せていませんでした。

ホテルの方々が毎朝時間をかけて作ってくださり、運んでくださって用意してくださる。そんなありがたいことをたくさんしてもらっているのに、私の軽率な行動が料理を作ってくださっている方、料理を運んでくださっている方の気持ちを踏みにじった。

そう考えたら涙が出そうになりました。

もっともっと人のことを考えた行動をとれるようになるため、まず苦手な食べ物の克服をしようと決意しました。

このようなことについて考え、気づくための時間をくださったドットコムさんに感謝しています。日々成長していけるよう精一杯力のかぎり訓練に取り組んでいきます。

 

いかがでしょうか。

「嫌い」「苦手」といった自分視点だけの考え方だけで、料理を作る・運ぶ人の側に立っての視点がなかった・・。

それだけにとどまらず、それがどのような行為だったのかに気づくさまがリアルに感じ取れるのではないでしょうか。

ビジネス感受性から生み出されるもの

もっといえば、ビジネス感受性がなければ絶対に生まれないもの

もうお気づきの方もいらっしゃると思います。

上司・先輩という権威を振りかざし、正論や「べき論」のもと無理やりやらせるのはカンタンです。

しかし、それでは自主的な気づきや納得感をもっての改善行動は絶対にうまれません。

貴社での教育活動はいかがでしょうか。

ご点検いただけましたら幸いです。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

 

 😳 ↓応援よろしくお願いします!↓ 😳

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。