■新入社員教育.comの「思い」と「志」

#108 新入社員教育プログラム 拡散と伸長に必須の「指導」②


指導のひとつ「正しくホメる」
そのために留意すべきこと。

新入社員教育をはじめとした各種教育機会においては必須である「正しい指導」

「指導」というと「悪しきコト」の是正にどうしても焦点が当てられがち。

しかし、それだけではなく指導はその逆の「良きコト」の伸長・拡散を目的とした指導のひとつである旨は前回の記事でお話しいたしました。

 

「ホメる」

 

本題に入っていく前に「大前提」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悪しきコト」に比べると「良きコト」は目につきづらいもの。

聞くところによると、96%「悪しきコト」のほうに意識が向いている方、「良きコト」のほうに向いている方は残りの4%ほどだそうです。

 

 

 

 

 

言うこと聞かない・・

 

素直じゃない・・

 

遊んでばっかり・・

 

わがまま・・

 

 

これらと、

 

 

 

家族思い・・

 

いい子・・

 

正義感がある・・

 

気が利く・・

 

これらのどちらのほうに意識が向いているか。

お子様がいらっしゃる方ならご実感いただけると思いますが、これは新入社員をはじめとする部下の方々にも当てはまります。

「悪所100%」「良所0%」などという子供・部下など絶対にいない・・。

にもかかわらず「悪しきコト」にばかり目がいき、その是正・改善に終始するのみ・・。

悪く聞こえるかもしれませんが、実はごく普通なこと。

もっといえば「良きコト」に目を向け、その伸長・拡散ができることは普通ではない。

換言すれば「ホメる」ことは非常に難しいことだということです。

なぜならば、その4%の側にいるためには常に普通に逆らっていなくてはならないから。

非常に難しいがゆえに、留意すべき点を押さえる必要がある。

本日の記事はそんなお話しです。

本題に入る前に再確認です。

 

 

「ホメる」とは?

ドットコム
①その人の「良き行動」「良き部分」を的確に指し示し伝えること。

 

 

ドットコム
②そうしたいわば「長所」を認識させるための手段

 

 

ドットコム
③すでに高いレベルにある「感受性」を認め、さらに伸ばすための手段。

 

 

ドットコム
★結果としてその「良き行動」が「良きコト」と確信・認識され、継続・拡散されること。

 

「ホメる」うえでの留意点①
「感想」「謝意」にもう一工夫。

新入社員教育をはじめ、OJTなどの各種教育機会で必須となる重要な指導のひとつである「ホメる」こと。

こちらは前回記事の補足となりますが、新入社員や部下や子供がやってくれた「良き行動」に対して・・、

 

店長
すばらしい!

 

料理長
ありがとう!

 

といった上司の「感想」「謝意」を伝えるのはむしろ普通のことです。

前回の記事では語弊があったかもしれませんが、これを伝えるのがNGということではなく、これしか伝えないことがNGだということ。

つまり・・、

 

 

 

 

「すばらしい」と感じたのであれば、何がすばらしかったのかを伝えてあげる必要があるということ。

「ありがたい」と感じたのであれば、何がありがたかったのかを伝えてあげる必要があるということ。

これが上記でいう「一工夫」です。

まとめていうのであれば、

 

店長
すごいな・・

 

料理長
エライな・・

 

上司
頑張ったな・・

 

部長
大したもんだな・・

 

こうした思わず感動してしまうような行動や結果を目にしたときに「ホメ言葉」を伝えることが重要になってくるのです。

「ホメ言葉」・・。

具体的にはどのような文言でしょうか。

その「良き行動」を認め、結果として継続・拡散されることを念頭に置くことが肝要となります。

それは上記にも記したようなこと。

「感想」「謝意」に加えて伝えましょう。

★指導したことをすぐ直してきた

★お客様ありきの行動があった

★自発的な貢献行動があった

これらをはじめ、さまざまな場面で「良き行動」を目にすることがあると思います。

そうしたときにかけるべき「ホメ言葉」を思いつく順にご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

ホメ言葉(例

謙虚 素直 実行力ある

人の話聞ける 正直

指導し甲斐ある 誠実

お客様本位 会社思い

気がつく 気が利く

先読みできる 勉強になる

約束守る 仲間思い

根性ある 頑張り屋さん

正義感ある 使命感ある

真面目 一生懸命 冷静沈着

努力家 人の気持ち分かる

気持ちよい挨拶する 献身的

任せて安心 信頼できる

手本になる 頼りがいある

行動力ある 仕事きっちり

協力的 配慮できる

当然他にもたくさんあるのですが、これらのことを言われれば誰もがその行動が「良き行動」だと認識できますし、それと同じ行動をとれば上司からホメてもらえるということが周囲からも認識される・・。

それがその人の「良き部分」=「長所」として定着・伸長されることになる・・。

それがその会社・拠点の「良き文化」として拡散・定着していくことになるということです。

 

さりげなく直す姿・・

店長
〇〇さんはお客様本位の行動がとれる人だよねー

 

 

 

 

 

 

 


与えられた指示に対し、ただちに取りかかる姿・・

 

 

店長
〇〇さんの行動力・実行力には感心だよ!

 

 

 

 

ときに寝る間も惜しんで企画書を作成する姿・・

 

 

上司
〇〇さんは根性ある!頑張り屋さんだよね!

 

★よかれと思って

★協力意思のもとで

★多くの時間を割いて

やってくれたこと。

こうしたことをめられて、られればそれが本人の大きなエネルギー・モチベーションとなるのです。

そこに否定あるべき論の押しつけなどなくとも「良き行動」「良き文化」として根づいていくものなのです。

 

 

 

「ホメる」うえでの留意点②
〇〇〇の単発使用はNGです。

類まれな抜きんでた「感受性」から生まれるその「良き行動」を伸長・定着・拡散させるためには必須である「ホメる」という指導。

上述の「一工夫」に加えて留意するべきことは形容詞」の単発使用です。

これは「ホメる」といった「良所伸長」の際のみならず・・、

「促す」「注意指摘」「叱る」「怒る」等の「悪所改善」の際にも同様のことがいえます。

 

単発使用を控えるべき形容詞

い(遅い) 大きい(小さい)

い(悪い) るい(暗い)

い(低い) 綺麗(汚い

などなど

 

どのようなことか・・。

たとえばこのようなことです。

 

 


与えられた指示に対し、ただちに取りかかる姿・・

 

店長
行動が早いねー

※「早い」と「遅い」の境目は?
※何分以内に取り掛かれば「早い」とされるのか・・
※何分以内に取り掛からないと「遅い」とされるのか・・

 

部下
ありがとうございます!

 

と、

 

 

 

 

ときに寝る間も惜しんで企画書を作成する姿・・

 

 

上司
いいねー。

※寝る間を惜しんで作成することが「よかった」のか?
※睡眠を取りつつも作成することは「悪」なのか?

 

部下
はい!頑張りました!

 

と・・

 

 

 

 

 

 

 

言われた側は一時的にはいい気分にはなる。

その逆のケース。

 

 

 

 

 

 

団長
声が小さい

※それが何デシベルだったから受けた指導なのか・・
※あと何デシベル出せばそう言われないのか・・

 

団員
・・・?

⇒謝ることのほうが多いかもしれないがまず納得しない・・
(というか納得できるワケがない)

 

ここで問題なのは、その論点というか基準が上記「※」部分で記した方向に向かってしまうことです。

 

 

つまりは・・

ドットコム
形容詞表現には必ず言った人間の主観が入る

※人によって異なる
=何をもって「早い」「遅い」とするかの基準は人それぞれ。

 

ドットコム
基準値等、数字の話になるとまず説明がつかない

※異論・反論があったときに納得させられるか・・
=絶対にさせられない。

 

言った人間の主観や判断基準となると、確かに「ホメ言葉」も同様です。

 

 

 

 

 

床についたお客様の上着の袖口をさりげなく・・

 

この行動を

 

A店長
お客様本位の感動に値する素晴らしき行動

 

B店長
接客業に従事する者としては当然の行動

 

というように、

「同じ行動」を目にしても、それをどう「解釈」するかは「形容詞」同様に「人それぞれ」であり、そこには当然「主観」が入ります。

後者のように「当然」と解釈する方ももちろんいらっしゃいますし、それは悪いことでも間違いでもありません

ときの上司がたまたまそうだっただけ。

ただ、その行動を「良き行動」と解釈したときに、

 

ドットコム
感想or感謝or形容詞のみで伝えるのか

 

ドットコム
感想or感謝+ホメ言葉で伝えるのか

 

では、

 

ドットコム
相手の解釈(長所への気づき)

 

ドットコム
その行動の継続の如何

 

ドットコム
類まれな感受性・貢献行動の伸長と定着

 

ドットコム
周囲の模倣による良き文化としての定着と拡散

 

これらの度合がまったく異なることは大まかにでもイメージいただけると思います。

 

 

 

 

自主的に清掃をした・・

 

上司
すばらしいね!

 

上司
ありがとう!

 

上司
献身的!

 

上司
綺麗になったね!

 

言われて一番うれしいのはどれですか?

そんなイメージです。

感想・謝意・形容詞。

「ホメる」際、これらが単発で使用されていないでしょうか。

「ホメた」あと、新入社員は部下の方々はご自身の長所のひとつを認識することは出来ていますでしょうか。

ぜひご点検いただきたいと思います。

 

「ホメる」とは!

 

ドットコム
自分では気づけない自身の「長所」を認識してもらうための指導なのです!

 

 

「正しい指導」「指導力」。
総まとめです(引用)。

新入社員教育をはじめとした企業における各種の教育機会。企業のみならず家庭や学校でも必須となる「正しい指導」。

このすべてを表した名言をご紹介させていただいて締めたいと思います。

 

 

海軍連合艦隊総司令官
元帥海軍大将

 

人を動かす

 

やってみせ、言って聞かせて、

させてみせ、

ほめてやらねば、人は動かじ。

 

話し合い、耳を傾け、承認し、

任せてやらねば、人は育たじ。

 

やっている、姿を感謝で見守って、

信頼せねば、人は実らじ。

 

 


山本五十六さんの名言

 

指導の第1段階である「やってみせ(率先垂範)」にはじまり、「指導力」「説得力」・・、

前回・今回記事の「ホメる」

以前にご紹介した「傾聴」「認める」こと

こうしたことの積み重ねが人材育成には必須であり、私も新入社員教育に臨む際には常に念頭に置く言葉。

「悪所改善」を目的とした指導の6要件にはじまり、「良所伸長」を目的とした「ホメる」ということ。

貴社においてはいかがでしょうか。

厚意や類まれな感受性をもとにした「良き行動」が消失してしまったりはしていませんでしょうか。

ぜひご点検・ご参考にしていただければ幸いです。

 

ドットコム
企業における新入社員教育の成功を通じて従業員の育成力向上と定着率アップを実現し、業績の向上を通じて社会に貢献する! 

新入社員教育.comでした。

 

ドットコム
本日もありがとうございました。引き続き次号も宜しくお願い致します。

 

ドットコム
メール購読のお申込み、ツイッターも宜しくお願い致します。 
超オススメです!

各企業のご担当者さまにおかれましても、のぶきさんのトークにご興味ある場合はお取り次ぎすることも可能ですので適宜お問い合わせいただけましたらと存じます。


 

Sponsored Link

■シェアをお願い致します!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

とある企業で約20年間にわたり、新入社員をはじめとしたさまざまな階層の方々を対象とした社内教育プログラムの企画立案および運営を担当させていただきました。最近では専門部署の立ち上げを行い実績を挙げた経験から、悩みを抱える若手社員の方々、世代の違いや離職率の上昇など、さまざまな困難に直面されている企業様や教育ご担当者様、そして就職に悩まれる学生の方々のお役に立てればとの思いで当ブログを開設致しました。どうぞ宜しくお願い致します。